銀座のクラブママが教える!高級クラブでの立ち振る舞い&会話のコツ

銀座のクラブママが教える!高級クラブでの立ち振る舞い&会話のコツ

高級クラブは立ち振る舞いやトークが重要になる

高級クラブに特別なイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
高級クラブは会員制でホステスは永久指名など、他の夜のお店とは違った独自ルールを持っているのが特徴です。
そのため、高級クラブは客側の私達にも相応の振る舞いが求められます。

高級クラブの立ち振る舞いによってホステスが受ける印象は変わります。ホステスがそのお客さんを一流か二流かを判断することにも繋がるほどです。
高級クラブに通うなら身なりだけでなく、しっかり立ち振る舞いも考えることが大切です。

高級クラブでは自分よりも相手を楽しませる姿勢が大事

高級クラブでは、ホステスが接客でお客さんを楽しませてくれます。しかし、自分が楽しんでいるだけでは一流とは言えません。
何よりもホステスに楽しんでもらわなければいけないからです。

自分より接客するホステスを楽しませる姿勢が重要です。
これは基本中の基本でもあり、高級クラブを楽しむためには欠かせないことでもあります。

高級クラブではスマートに飲むのが基本

高級クラブはホステスと一緒にお酒を楽しめるお店ですが、その飲み方にも気を付けなくてはいけません。
高級クラブではスマートな飲み方が必要であり、基本です。
例えばボトルを一気に開けたり、泥酔するような飲み方をしてはいけません。こうした飲み方は基本的にタブーで、高級クラブでも嫌われる飲み方と言えます。

一口にスマートな飲み方とは言っても難しいですが、ゆっくりお酒の味を楽しむことを心がけましょう。また、決して深酔いするまで飲まず、ほろ酔い程度をキープする飲み方がベストです。
飲み過ぎて深酔いするとお店にも迷惑がかかりますし、ホステスにも良い印象は持たれません。

ホステスへお酒を勧めることも控えましょう。無理やり飲ませるのはNGです。自分自身も深酔いしてしまうおそれがあります。
あくまでもお酒を楽しむことを意識して飲むのがスマートな飲み方です。

高級クラブでは、悪口や愚痴は言わないように心がける

ホステスに日頃の愚痴を聞いてもらいたい方は少なくないでしょう。
ついお酒が入ると愚痴を言ったり、誰かの悪口を言いたくなったりすることは往々にしてあるものです。
しかし、高級クラブではこうした愚痴や悪口はあまり良くないマナーと言えます。お酒が不味くなりますし、ホステスの気分を害してしまうからです。

高級クラブには、もちろん愚痴を聞いてくれるホステスもいます。ですが、それを好まないホステスも少なくありません。
高級クラブを楽しむなら、誰かの悪口や愚痴は慎むことをおすすめします。

もし愚痴を聞いてほしいのであれば、他のお店へ行くべきです。高級クラブを選ぶ必要性がありません。
せっかくホステスとの会話を楽しめるのですから、愚痴などは封印するようにしましょう。

喋りを滑らかにする程度のお酒を飲んで会話を楽しむのがコツ

高級クラブはホステスとの会話を楽しむためのお店です。しかし、お酒が入っていないと口下手な方や、上手く話せない方も少なくはないでしょう。
ホステスとの会話を楽しむためなら、まずはある程度お酒を飲んでから話をすることをおすすめします。

人にもよりますが、お酒が入ると気分も高揚します。飲み過ぎには注意が必要なものの、ほろ酔い程度であれば気分も良くなり、ホステスとの会話も弾むでしょう。
これが高級クラブを楽しむためのポイントでもあります。

特に話が苦手な方は、お酒の力に頼ると良いでしょう。
良い言い方ではありませんが、お酒が入ればホステスとの会話がスムーズに行くこともあります。緊張してホステスと上手く話せない時も、少しお酒を飲んでから会話を楽しむと良いでしょう。

これが言えれば一人前! 「何か飲もうか?」or「何か食べようか?」

高級クラブで重要なポイントは気配りです。ホステスへ気配りできるか否かが一流・二流を分けると言ってもおかしくはありません。
自分だけが楽しむのはNGですし、今後接客してくれるホステスへの気配りが何よりも大切です。

最初は難しいかもしれませんが、「何か飲む?」や、「何か食べようか」と言えるようになれば一人前でしょう。場の空気を読み、こうしたセリフをスムーズに言えるようになることが重要です。
このような気配りがホステスとの仲を深めるためにも欠かせません。

ただし、このようなセリフはタイミングが大切です。
お酒の進み具合や、テーブルに並んだ料理の減り具合を見て判断しましょう。当然ですが、飲みすぎると判断力が鈍ってしまいます。
飲みすぎないよう心がけ、テーブルやホステスの状態に常に気を配ることが重要です。

ホステスも自分も楽しむこと

高級クラブはお酒を沢山飲んで酔っ払うためのお店ではありませんし、まして居酒屋ではありません。あくまで自分とホステス双方が会話とお酒を楽しむためのお店です。

逆にスマートな飲み方を習得し、ホステスを楽しませられるようになれば一流と言っても過言ではありません。
高級クラブでは飲みすぎず、気配りでしながら相手を楽しませることを意識しましょう。