六本木の高級クラブの特徴

六本木の高級クラブの特徴

珍しい特徴を持つ六本木の高級クラブ

オフィス街や繁華街など様々な顔を持つ六本木は歓楽街も発達しており、都内でも屈指の規模を誇ります。
スナックやキャバクラのような夜のお店も多数立地していますが、高級クラブも例外ではありません。
しかし、他のエリアとは異なり、六本木の高級クラブは少し珍しい特徴を持っているのです。
客層やホステスの年齢などのほか、料金相場も異なります。

六本木の高級クラブは客層が良い

通常の高級クラブと言うと、客層は比較的高めになっています。
50代以上の方がメインのお店も少なくありませんし、定年後に通っている方も中にはいます。
お金に余裕がある方が高級クラブへ通っていることも理由です。

しかし、六本木の高級クラブは客層が少し若めです。
30代から60代が主な客層であり、お客さんそのものの質も良いのが特徴になっています。
訪れるのは企業役員や社長のほか、業界関係者や芸能人など幅広いですが、上品な雰囲気で礼儀正しい方が多くなっています。
お酒の飲み方もスマートで、泥酔するようなお客さんなどもめったにいません。
これが他の歓楽街にある高級クラブとの大きな違いとも言えます。

六本木の高級クラブは若いホステスさんが多い!?

また、高級クラブで働くホステスの平均年齢も若いのが特徴です。
通常の高級クラブの場合、働くホステスの年代は20代後半~30代後半と幅広いのですが、六本木のお店は20代前半のホステスも比較的多く、平均年齢そのものが他のエリアよりも若くなっているのです。
こうしたホステスの平均年齢の若さも、訪れるお客さんの年代に影響しています。

そのため、一般的な高級クラブとは違った接客を楽しめるのが魅力とも言えるでしょう。
他のエリアにあるお店で飲んだ後、六本木の高級クラブへ梯子してみるのもおすすめです。
私がおすすめする高級クラブは六本木のおすすめ高級クラブの記事で紹介しています。

六本木の高級クラブの相場は3万円~5万円ほど

高級クラブの料金相場は地域差があります。
ただ、高いエリアやお店だと1回につき5万円から10万円近い料金がかかることも珍しくはありません。
例えば銀座だと5万円から8万円程度の料金が相場です。
他にも料金相場が高いエリアは多いため、やや敷居が高いと感じる方もいるのではないでしょうか。

しかし、六本木の高級クラブは料金の相場が比較的抑えめで、1回あたり3万円から5万円程度で楽しむことができます。
料金相場のみなら銀座よりも3万円から5万円程度安くなっています。
ホステスの質なども影響するため単純には比較できませんが、リーズナブルな料金相場と言えるでしょう。より気軽に高級クラブを楽しみたい方には最適なエリアです。

気軽に楽しめるのが六本木の強み

六本木の高級クラブは様々ありますが、客層が良くホステスも若いのが大きな特徴と言えます。
また、料金相場も抑えめになっており、気軽に楽しめるのがメリットです。
大半のお店が会員制であることには注意が必要ですが、初めて高級クラブを体験するなら六本木を選んでみるのも悪くはないでしょう。